blog

2月告示の京都市長選

1shoei

本日、京都市長選に向け村山祥栄市議へ出馬要請する会「どうすんねん京都」が京都全日空ホテルで行われた。
発起人の田中氏に誘われ僕も会社近くにあるホテルの会場に足を運んだ。
会場には約200名の支援者と多くの報道記者が集まっていた。

京都市長選挙は、毎度、低投票率だそうだ。
その要因として「投票率が低くなるのは、有権者の選択肢が少ないから。」と田中氏は語る。そこで、村山氏に白羽の矢が刺さったようだ。

話題の大阪府知事選に乗じて京都市長選も盛り上がって欲しい。
そして、少しでも投票率をあげ正当且つ納得のゆく選出であって欲しいと願う。

京都を舞台に日本の歴史を大きく変えた明治維新。主役は、20代~30代の若者たちだった。村山氏も彼らと同年代の29歳。「若すぎる」「時期早々」「経験不足」などの意見を払拭し市長選の常識を覆してもらいたいものだ。

選挙には、必ず投票しにきくも政治についてはあまり関心がなかった。
今年は少し勉強してみるか、そんなことを考えさせられる夜でした。

昨年から何かとお会いする機会が多かった村山祥栄さんとは縁を感じます。
ちょっと堅物な面もありますが、信念をもったホント真面目な方なんだと思う。
もし、出馬するなら頑張ってもらいたい。

1shoei4