blog

やっぱ、ハツモノにはそそられる。

業界初とか世界初という言葉には興味をそそられてしまう。PR活動において、こういった「初」を自社の中で見つけることをオススメしたい。

京都の竹は、色々と逸話がある。古くは、日本最古とされる竹取物語や発明王エジソンによる電球の開発にも使われた。そんな京都の竹を炭にして、焙煎したコーヒー、「業界初」だそうだ。

 もし、このコーヒーを僕がプロモートするとしたら、「竹」「京都」に焦点をあてたプレスリリースを書く。もっと、拘りや値打を消費者に伝わりやすくなるはずだ。

untitled

先日、高速のサービスエリアで見つけた「世界初」。思わず、小銭をポケットから取り出している自分に笑った。驚くほど味に違いがあるわけではない。コーヒーには、「缶」や「インスタント」、「ドリップ」などなど様々な種類があるのでどれを基準にするかが難しい。

しかし、いずれも購入している自分がいるのは明らかなる事実。

自分たちの持つ隠れざる「初」を探してみてはどうだろうか?その作業は、きっと楽しく、またその商品やサービスに更なる愛着が沸くことだろう。