blog

アイデアメモの達人!?

memo

という編集企画である媒体の取材を本日うけました。

次号の1面企画が『メモの達人』だそうです。(←タイトルは違います。) ※告知の許可を確認していないので媒体名は伏せておきます。取材でインタビューをうけて色々な事を思い出した! ライターさんに「いつから、メモをとるようになりましたか?」と聞かれる。

でも、そんなこと意識して考えたことがない。。。 改めて考えてみると結構、昔からメモをとってるなぁと思ってインタビューに応じた。メモというか、ネタ帳?のようなモノは小学校の頃から存在していた。 当時は、近未来のスペシャルな筆箱をノートに書いたりしていた。 自分の筆箱を改造してオリジナルをつくってたこともある。仕掛けのある飛び出す筆箱が当時はやってて、それを上回るものを自作して喜んでた。それがスペシャルの意味だったのだろう。(笑) 時代と共にメモされるモノに変化があったこともわかった。

小学校の頃は、もちろんジャポニカ学習帳の「じゆうちょう」がそれ。

自由

●ショウワノート(C)

それから、はっきりとした記憶にないけど大学ノートに変わっていた。

中学生の頃は、ご存知『未来ノート』を書いていたのも大学ノートだった。 高校生の頃は、言葉をよくノートに書き留めていた。 格言などを書いたり、詩みたいなものも書いていたように記憶している。 高校2年の時、授業の一環としてクラス全員で参加させられた地元警察が主催する防犯についての標語コンクールで入賞した。表彰されて一番びっくりしていたのが担任の先生。(笑) メモが活かされていたのか、どうかは定かではない。

大学になるとシステム手帳を持ち歩くようになった。そこには、スケジュールやら住所録を書き込むようになった。大学時代は、お笑いネタがたくさん書いていたのが記憶に新しい。 テレビ大阪の番組企画で「学生の王様」に出場したことがあった。

シリーズモノで僕が出演したのは「笑いの王様」。後輩と2人で組んで予選から決勝まで勝ち進んだ。

アホの坂田さんにもお褒めをいただいたことを覚えている。 結果は、3位でした。 1位、2位ともに大学の落研サークルのコンビだった。

イベントサークルの僕らの3位は上出来だろう。(笑) 優勝者のコンビは、その後、プロの漫才師になってテレビにでていた。メモが活かされていたのか、どうかは定かではない。(笑)

Rhodia/ロディア ブロック No11【方眼】 cf11200

ちなみに、今の僕はこのRODIAブロックのNo11を使っています。

毎日カバンにペンと一緒に入っています。 持ち運びに便利だし、スケジュールは、ネット上にあるし、住所録は今やケータイだし。メモ機能として、シンプルに且つ小さくなっていったのだろうか。 ここには、見せることも恥ずかしいメモがっていうか落書きに近いものがたくさんある。今日もその中身を見られてチョッピリあせったシーンがあった。それが上の写真にあるメモ?(落書き) 何も知らずにこんな落書きがメモから出てきたらビックリするよね。

実はこれ、以前に当社のノベルティーを考えていたときに描いた絵でした。

コンセプトグラマーの設立3周年記念のノベルティー。

コンセプトグラマー コンセプト コンパクト?! コンパクト・グラマー!!ヤッター!(汗)

コンセプト(ブランド)をしっかり作って発信すれば誰もが魅力的になれる。という当社の社名の由来にピッタリ!

鏡に顔を写せば誰もがグラマラスになれる不思議なコンパクト。(笑)

・子供の頃に描いていた実現するメモ。

・高校時代に多く書き留めたキャッチコピー!

・大学時代に書いていたお笑い系メモ☆ まさしく各時代で培った発想がここに活きていた。(笑)

untitled

●コンパクト・グラマー