blog

ワクワクするワークショップ

sal

先日、パーフェクトポーションの豪州本社社長のサルバトーレ・バタリア氏が来日。【第1回】パーフェクトポーション・ジャパンが主催するワークショップが京都市内で開催されました。

世界中でアロマセラピーの教本とされる著書を執筆しているバタリア氏のレクチャーはとても刺激的で、アロマセラピーの基本から薬草学に基づいた専門知識まで詳しく説明してくれました。しかし、彼の話す内容は、難しい(いわゆるお勉強)といった印象はなく、私たちの日常に起こりうる出来事や体験談などを交えて解説してくれたのでとてもわかりやすく、胸にグッと知識が沁みこむような感じがしました。

なかでもアロマオイルを染み込ませたスティックの香りを参加者に当ててもらう。といったゲーム感覚を交えた内容もありました。ほんと体験を通じて学ぶスタイルがまさにワークショップといえるのでしょう。

レクチャーが終わるといよいよアロマオイルを作る体験コーナー。 スポイドやビーカーがテーブルに並べられ会場はまるで理科室の実験室のようになりました。(笑) 参加者が目をキラキラさせながらオリジナルのアロマオイルを作る姿がとても印象的だった。

jikken2


3時間というとても長い時間でしたが“あっ”という間に終了。 彼のワークショップは、とてもユニークで参加者を飽きさせない楽しい時間でした。