blog

買わせてもらって有難う!

先週末、大きくなってきた子供にベットを購入しようと大阪にある枚方家具団地に行きました。名前の如く、家具屋さんが軒を連ねる家具の街です。

概ねベットの種類、サイズ、メーカー、価格は、事前にリサーチしていたのでほぼ購入するベットのイメージはありました。しかし、膨大にあるマットレスの種類(品番)の中から自分たちが求めるモノをネットでは探しきれず専門家のアドバイスが欲しかった。

何を購入する時も同じですが、知識や情報を持っていて的確なアドバイスしてくれる人は信頼がおけます。たまに店内にあるパンフレットやポップを見ればわかる情報を話す販売員さんおられますが、ガッカリです。私たち消費者は、商品と共に情報やアドバイスも一緒に購入しているように思うのです。

自分にとって的確なアドバイスがもらえることが対面販売と通販の大きな違いです。以前のブログでも書きましたが、人気NO1は、自分にとってのNO1とは限らない。
(とにかく安いモノが欲しいという学生さんと腰痛を持った中高年の方という風に、属性が変われればニーズもNO1も変わります。)

決して安い買い物ではありませんでしたが、とても気持ちのいい買い物ができました。量販店や大型スーパーに行けば安いベットはいくらでもあります。しかし、自分たちのニーズに合ったもので納得のいく商品を手に入れることは難しい。

お店を出る際に店員さんに「ありがとうございました!」とお辞儀をされました。僕も「こちらこそ、ありがとうございました!」とお礼をした。近江商人の「三方良し」は、もちろん頭では理解できている言葉ですが、体験として実感できたことがとても良かった。