blog

キャラクターはPRに強し

ゆるキャラの全国大会?「ゆるキャラまつりin彦根~キグるミさみっと2009」が彦根市で開催され、全国27都道府県から138体のキャラクターが集結した。全国各地の特産品や観光スポットをPRしたそうだ。

ここまでくるとキャラクターを使ったプロモーションは、どこもやっているという印象にもなりますが、それでも人気は手堅いようです。地域やエリアが限定され地元色も強いのでファンも多くなるのでしょうか。

京都市内の伏見三条商店街が企画した「もてなす君」。山科なすをモチーフにしたキャラクターだそうですが、相次ぐ盗難に悩んでいるそうです。(写真参照)人気で犯罪が増えるのは困りますが、キャラクター持つポテンシャルの高さが窺えます。

091027
ビニール製でビーチボールのようなモノ

キャラクターは、PR(広報)といった観点でも話題になりやすくマスコミに登場する機会も多い。また、GOODSにも展開しやすいので、人に伝わりやすい。

まだまだ新しいキャラクターが増えてきそうですね。
地域をもっと元気づけて欲しいと思います。