blog

友達のmethodで英語マスター

毎週木曜にやってる朝食会「京都ブレックファーストクラブ」メンバーの一人に英語の達人がいます。彼は、TOEIC930点の持ち主で日常会話ていどなら英語が話せるそうです。ちなみに彼は留学経験はありません。

そんな彼に「ちょっと変わったメソッドで英語をやってみないか?」と誘われ、やってみることにしました。彼曰く、1年半でTOEIC800点を目指そう(いや、取れる)というのです。ちょっと笑ってしまいますよね。僕の英語力は、おそらく中学生レベル(汗)。でも、その笑ってしまう無謀な挑戦に挑んでみようと1ヵ月ほど前からやっています。

まずは、英語習得の考え方を理解し、その後は、アメリカのテレビドラマを見るだけ。もちろん、吹き替えなしで字幕(英語・日本語共)もなし。このメソッドの第一フェーズの真ん中ぐらいですが、まだ効果を感じられません。

でも、最後のチャンスと思って諦めずに頑張ってみたいと思います。

テレビドラマを見ても意味は分からず、ただ見るばかり。そんな報告をするも彼は、自信ありげに「大丈夫。それでいいのです。」と。

長年、英語を習得しようと色々なことを試してきました。将来のことを考えて本格的に英会話を習得したいと考えたのが18歳のとき。何とか無料でマスター出来ないかと考えたあげく、外国人がいそうな近所の教会へ。チャイムを鳴らすと白人の牧師がでてきて、ラッキー!!そして、快く「教えてあげるから来週の火曜日においで」と言われ、行ってみると英会話教室(苦笑)。学割を適応してくれましたが有料のレッスンでした。予備校時代の1年間通いました。でも、しゃべれず。

英語の教材もいろいろ試した。よく新聞に広告している聞く英語系の教材。書店でもスピードラーニング的な倍速ヒアリングの教材も購入した。また、実際に英会話スクールも。デジハリに勤めていたころ、英語のできない僕がアメリカのサンタモニカ校の担当になり、マンツーマンでベルリッツに通わせてもらった。やはり効果なし。

そんな経歴でもできるというから、ビックリです。やるからには頑張ってやってみます。僕がペラペラ英語をしゃべれるようになったこのメソッドは本物です。

ちなみに、この勉強法は、TOEICで高得点を取るのが目的ではありません。ネイティブと英語でコミュニケーションをとれるようになる事がゴールです。TOEICの得点は成長を計るマイルストーンと捉えるそうです。なんだかワクワクしませんか?

再来年には、ネイティブの集う社交界でジョークを交えながら楽しい会話をしている予定です。僕が英語を話せるようになると休眠中のハワイの会社も稼働できます。グローバル展開の可能性が高まります。

とにかく、頑張ってみます!こちらでも進捗や経過報告をします。

曽和 拝