blog

ツイッターPRの結果レポート(2)

100820a

前回のつづきです。今回は、メディア露出とアクセス推移の関連について書きます。

やはりメディアで掲載されるとアクセス数は上がります。公開スタート、ユーザー反響、メディア反響、などタイミングを見計らってプレスリリースをこまめに打ち、メディアへの露出を狙い続けます。

メディア露出でアクセス向上は、当たり前のことですが、開催期間全体で見た場合、興味深い数値結果がでました。

結論から言うと、メディア力よりも人が持っている意識力の方が勝る?といいったところでしょうか。あくまで仮説の域を超えませんが。つまり、メディア掲載された日より、一般の方のもっている意識する7月7日の日アクセス数がダントツに伸びている結果になりました。当日は、サーバーダウンもするほどです。もちろん、マスコミの意識喚起もあると思います。ですが、イベントや記念日を使ったPRの効果を再認識する結果がみられた。

マスコミに掲載されなくとも、しっかりと広報戦略をもってPRをしていれば、自己発信の情報(メディア)でも広めるチャンスはあるということ。もちろん、マスコミと連動できればさらに可能性は広がるのでメディア向けの広報活動も怠ってはいけません。

解析グラフを見ても分かるように新聞やWebメディアに掲載されたタイミングよりも7月7日の方がアクセスが上がります。意識的にイベントに注目していることがわかります。

●今回露出したメディア一覧(確認できている範囲)

・ジャパンインターネットコム(10/05/18)
・Yahoo!ニュース(10/05/18)
・mixiニュース(10/05/18)
・読売新聞 Web版(10/05/18)
・infoseek楽天ニュース(10/05/18)
・gooニュース(10/05/18)
・niftyニュース(10/05/18)
・エキサイトニュース(10/05/18)
・京都新聞 紙面(10/05/19)
・京都新聞 Web版(10/05/19)
・Itmedia(10/05/20)
・livedoorニュース(10/05/20)
・スーパー広報術(10/05/24)
・産経新聞(10/05/27)
・ツイナビ公式サイト(10/06/02)
・ツイナビ公式アカウントでのツイート(10/06/02)
・ジャパンデザインウェブ(10/06/03)
・京都烏丸経済新聞(10/06/18)

ネットアクセスを狙うならやはり、Web系メディアの効果が高いことがわかります。ただ、近年、新聞紙面をWeb版で記事をリユースする傾向がありますので、新聞への掲載は狙い続けたい。

情報開示の出来る範囲のレポートで分かりにくとは思いますが、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

実践は、仮説の実証でもあると思っています。色々な状況や今までの経験、知識で仮説を立てて戦略を組んで実行するのですがいつも予測通りではありません。でも、予想外の展開や新しい発見に繋がることも多くあります。

曽和 拝