blog

本日の「パワーランチ100本ノック」その13

110222b

本日のゲストは、きもの絵師の南進一郎さんです。東京手描友禅伝統工芸士 田中種水氏に師事し、その後独立。あのエルメス社の日本文様研修指導も行われました。パリコレでご自身の作品もエルメスを通じて出品されています。そんな凄い人ですが、普段は普通のオモロいおっちゃんで、僕の友達です。(笑)

ただ、本物に対する拘りは凄いです。でも、普段はただのおっちゃんです。(笑)いや、この方の持つ拘りというか哲学、考え方は素晴らしいと思います。ただ、何て言うかその凄さとキャラクターとのギャップが僕を混乱させるのです。機会があったら皆さんに紹介したいくらい。

この人の作る着物は、オートクチュールです。その着物を着る方のイメージで生地の色を選定し染めます。そして、絵を描いていきます。完成した着物は、本当のオリジナルでオーダーメイド。でも、この人の面白いところは着物が作られて店頭で売られるまでの工程(おおよそ18工程とも言われている)をほとんどすっ飛ばし(自社アトリエで行い)さらにクチコミだけで販売しています。だからセットでも数十万で買えちゃいます。

今日は、仕事とは別に面白い企画の話をしました。ヌータリークラブの創設構想。これはめちゃくちゃ面白い企画です。ヌーとは、牛の仲間の動物です。世の中のほとんどの男性はこのヌーと同じだというのです。

以前、NHKのドキュメンタリー番組で群れで移動するヌーを追いかけた映像があったそうです。先頭に立つリーダーは、若くて元気のあるヌー。その群れは、多ければ数万から数十万頭にもなるそうです。最後尾には年老いたヌーがいるそです。その群れを狙うライオンにその年老いたヌーが仲間を守るために自分の身を捧げるそぶりをしたり、頑張って威嚇したりするそうです。その姿に感動し涙したそうです。

「俺や」と。(笑)

なんか上手く説明できないけど、そんな人たちで組織するクラブだそうです。つぎ合う時にコンセプトシートを見せてくれるそうです。

南さんの生き方は、粋です。自由人というか、どこにもしばられずに笑とユーモアにあふれて生活されています。大好きです。

本日は、ありがとうございました。

曽和 拝

■お相手:南進一郎さん(お誂え進一郎
■場所:多伽羅 TAKARA
■メニュー:お弁当
■ビジネス度:★☆☆

110222c

110222

●パワーランチ100本ノック(パワラン100)とは?

パ ワーランチは、ビジネスマンがお昼の時間を有効活用し、ミーティングや商談を行うもの。夜のいわゆる「飲みにケーション」に匹敵する?新しいコミュニケー ションスタイルとして注目されている。そのパワーランチが、本当にビジネスに繋がるか?この疑問を検証すべく年間約100人の方とランチミーティングを実 施します。週に2人のペースでどこまでいけるか?これもまた挑戦です。また、普段なかなかお話できていない方とネットワークコミュニケーションの場として もいいなぁと思っています。