広報PRコラム

広報活動の効果測定

rectangle_large_61b437213d416fcdee83899d8101517a

広告業界でクライアントに質問される費用対効果、広報の業界でもよく話題に上ります。

認知拡大やブランド作り(ファン作り)を目指す広報の場合は、特に出しにくい。マスコミに掲載された場合は、よく広告換算だといくらになるという話もあるが、(気休めの数字)あまり意味がないような気がする。

広報活動で獲得したパブリシティー(記事)は、お金を支払って行う広告よりも何倍もの価値がると思うからです。

しかしながら現実では、その出しにくい効果を提示しないといけません、、Facebookなら「いいね!」の数も数字に反映できるかもしれませんね。

先日、平成27年6月18日に某新聞社に記事が掲載された時のウェブサイトアクセス数をみれば、目に見える効果もわかりやすいですね。

ちなみに、本日6月23日(火)も同じネタで他の新聞社で掲載されましたので、明日以降の推移が楽しみです。