blog

【読了!100プロジェクトVol.28】

読了!「プレゼンの極意はマンガに学べ(三田 紀房 著)」。

人生は、日々プレゼンの連続である。僕は、小さい頃から

欲しいプラモデルやお菓子を買ってもらうために多くのプレゼンをしてきた。

ある時は父に、またある時は母に、ターゲットごとに手法を変え挑んでいた。

今も、クライアントに企画をプレゼンする以外に、嫁さんにお願い事をする時や子どもを叱る時もプレゼンをしているように思う。

プレゼンとは、自身の気持ちや考えを相手に“納得”してもらえるように“伝える”技術だと思う。

京都朝げいこにて、要望の多い「必殺のプレゼン講座」を企画中。資料やデータを読み漁り。

マンガは、確かに「面白い!」ではなく「面白そう!」の連続で構成されている。本書には、相手が前のめりになるこが重要だと書かれている。

ヒントがたくさんあった一冊、オススメです。