blog

凍らせる商品

昨日から夏季休暇が始まった。
お盆なので普段なかなか行けないお墓参りにいこう。
ということで、大阪、奈良、岡山のお墓巡りにまいります。

今日は、母親のお墓参り。
昨日の渋滞には、ホドホド参ったが、本日はスムーズに実家に帰れてよかった。

しかし、長時間の車になれていない娘たちは、1時間でもぐずりはじめる。
そんな二人の気を紛らわそうとコンビニに立ち寄った。

そこで、見つけたのが「凍らせる」つながりのこの商品。
最近、新商品の開発とかの本をいくつか読んでいたので面白い発想だと感心した。

1)飛ぶ虫「氷殺ジェット」

jet

これ、流行ってるらしいね。
飛んでいる虫を一瞬にして凍らせてやっつける。優れもの!
殺虫成分が入ってないらしい。発想が面白い。
商品名も使用イメージを連想できるのは素晴らしい。

是非、試してみたい。と思うが、、、
よく考えると家の中で飛んでる虫をあまりみかけない。
どんなシーンで活躍するのだろう?

意外に出番が少なく捻挫や打撲した時に使われたりするのではないかと。(笑)

結果、興味本位では買えませんでした。

2)冷凍みかん

mika

これは、買ってしまった。
小学生になった長女は、給食でも出るらしく認知していた。

「うぁ~、冷凍みかん売ってる!食べたい。」

そもそも、子供のご機嫌取りのために立ち寄ったコンビニ。
その時、ただ単に凍らせたみかん1つが100円もすることに躊躇はなかった。
僕も少し懐かしい気持ちになったし、こんな素朴な商材がアイデア一つで商品となって消費者の購買意欲もそそるねんなぁって感心した。

それも無添加やし。←当たり前。

「よっしゃ、こうたろう!」

レジをすませて、車に戻る。

「食べたい」という娘のリクエストに袋に書いてある食べ方をみる。

「えっ?」

自然解凍で約2時間。そうして食べると美味しく頂けます。

「・・・」

普通のみかんを買って2時間冷凍庫にいれても同じくらい美味しく頂けるのでは?

その時、はじめて「やられたぁ!」100円もする冷凍みかんに怒りを感じてしまった。
そして、そんなちっちゃな事に怒りを感じた自分の頭を凍らせたくもなった。

あっ、氷殺ジェット。
ここで使うのかぁ・・・。(笑)

実家に着くまで、冷凍みかんをフロントガラスの前に置き、ぐずる娘とともに残りの30分をドライブしたのでした。

ちなみに、みかんは、普通に美味しく頂けました。ポンジュースの愛媛産やし。

父親も元気そうで何よりでした。(^^)v

凍らせる商品、恐るべし。
とても、楽しい2つの商品に感動しました!!

■読んで良かった書籍紹介——————–